Talk Story with Glenn Poulain

Kim Steutermann Rogers

2013 年 1 月 18 日

Glenn Poulain is an underwater photographer who moonlights as a chiropractor. At least, that’s the goal. Glenn’s underwater images of Hawaii’s fish and marine life decorate the walls of two Outrigger properties on Oahu--Outrigger Waikiki on the Beach and Outrigger Reef on the Beach. And once the renovation at Outrigger Waikiki on the Beach is complete, you’ll find his artistry on display there, as well, in rooms and hallways. We caught up with Glenn minutes after a big dive trip to Hawaii (Big) Island to talk about his passion of underwater photography—a hobby turned business that’s starting to take a chunk out his day job.

How did you get involved in underwater photography? Were you into photography above water first—shooting landscapes or wildlife photography or such?
No. I got into photography shortly after learning to dive. My intention initially was to show my kids what I was seeing and experiencing underwater. Then, it started to become an obsession. I couldn't wait to get back in the water to take more photos, and it's still that way after 12 years of diving. Eventually, I did get into landscapes due to requests from clients.

What are some of your favorite critters to photograph and why?
Glenn: Always the honu—turtle. However larger creatures get my juices flowing, too, such as Hawaiian monk seals, sharks, dolphins and rays.

Where are some of your favorite underwater haunts?
I love the North Shore on Oahu, because there is much to see and many underwater trails and caverns to explore. I also love the "refuge" on the Big Island. It’s so peaceful and tranquil, plus there's something magical about the Big Island to me.

What recommendations would you give to aspiring underwater photographers?
Glenn: Just go out and shoot. Shoot for the passion of the ocean, the creatures within it and the desire to share your vision. The technical side will come. Just shoot!

Outrigger: Do you have an ultimate goal to achieve as an artist?
Certainly I would love to have a gallery at some point, as long as it doesn't keep me out of the water and I don't have to run it. I have never really had a goal with regards to my photography other than to share with other my visions of the underwater world and the Hawaiian Islands. I would love to have an opportunity to travel more to other oceans and regions as well, however Hawaii is home and I'm happiest here.

Is there an elusive animal or critter that you’ve yet to photograph that keeps you strapping on the scuba gear?
The humpback! I hear them all the time underwater, have seen them on top of the water, but I have yet been blessed with diving with and photographing them underwater.

Is there a particular photographer whose work you admire?
I do admire good photography and art and have many friends that are really talented with a camera both above and below the water. I'd have to say the work of some National Geographic photographers makes me envious. To be able to get to remote places and shoot nature as raw as they do is beyond words to me.

Did you study photography or are you self-taught? How did you learn the specific skills and techniques necessary to shoot underwater?
Self taught. I just started shooting and actually learned underwater. Initially I would shoot in automatic mode. I started paying attention to settings once my images started getting better. Then, I read more about the technical side. Underwater shooting has its challenges for sure and that's probably one of the reasons I like it so much. There’s a draw to going after a specific shot you have in mind, searching and waiting for the right opportunity.

What do you consider the most important qualities of an underwater photographer?
Passion, respect for the creatures of the ocean and a lot of patience.

What’s one thing you don’t love about underwater photography?
Not being able to be out there every day! I love all aspects of it.

You’re a chiropractor and a father of two, so how do you find time to go diving? Do you sneak in a dive here and there? Or, do you plan long weekends? Just how often are you diving? And speaking of the kids, have you taught them to dive yet?
My wife Angie and I have two kids, Adrienne & Austin, 23 and 24 years old. We're officially empty nesters now as of this past November. So we're honeymooner's again! I tried to get the kids to learn to dive, but they never bit. As far as my practice, I'm in the office only 3 day per week and the rest of my time is photographing in and out of the water. I have been pretty fortunate to be able to dive nearly every week for the past 12+ years. I have been slowing down a bit--getting old you know!

How do you choose where to go? Are you going after a certain species and select the dive spot based on its history? Or, do you just pick a dive spot, descend and stay put, waiting for whatever comes by?
As far as dive spots it is generally dictated by the season. Summer time is north shore when it's flat and winter time the west and south sides due to wave patterns. As far as descending and sitting in one spot, I'll only do that for the manta rays off Big Island, otherwise we are off and running, checking out the usual routes we have developed over the years or trying new paths. Exploring and discovering new dive routes is always fun, plus it keeps things interesting. While out on the dive, I look for photo opportunities as we go. Most of the fish are pretty bashful, very few are camera hogs. It’s all about being in the right spot at the right time.

An additional factor that photographing underwater presents is the life-risking aspect. Have you had any harrowing adventures? Or, on the other end of the spectrum, have you had any madcap mishaps?
Like anything I suppose, there are inherent risks with scuba diving. And, then, there are equipment mishaps--leaks in your air hose, flooding masks, and running low on air. There are also changes in the wave/water patterns that occur and can catch you off guard. The biggest thing is not to panic. No matter what the situation is, never panic!

We did have on incident that was fairly serious some years back when I was diving with a friend at the Blow Hole one December. The water was fairly choppy and the current was running against us. Half-way through the dive, my dive partner signaled to me he wanted to ascend from about 60 foot. I waited on the bottom for him, but he never came back down. I found him on the reef, his face bloodied and his nose nearly sliced off. Long story short, a rogue wave threw him against the reef. Lucky for us there were fishermen there who called the life guard rescue team that happened to be training at Sandy Beach, and they pulled us out one at a time. My friend ended up fine—after some plastic surgery. About six months later, he was back in the water. Again, the point being, don’t panic:-)

In addition to the rooms and hallways of Outrigger Reef on the Beach and Outrigger Waikiki on the Beach, you can find Glenn's artwork at his website.


  • 1
    目的地を選択
変更
  • ハワイアンミュージックの殿堂、『カニ・カ・ピラ・グリル』
  • 改装されたモダンな客室
  • 没入型のカルチャーアクティビティ
  • ボエジャー 47 クラブ・ラウンジ
  • ハワイ初、唯一のクラフトホテル
  • ザ・ビーチコマー・オリジナルズの本拠地
  • 「ハワイアン・アロマ・カフェ」はワイキキで最もインスタ映えするカフェとしても有名。
  • 島内最大の長さを誇るマウイ・ブルーイング・カンパニーのバー
  • ビーチフロントのロケーション
  • デュークス・ワイキキのホーム
  • ハワイ最高のライブハウス、『ブルーノート・ハワイ』
  • ボエジャー 47 クラブ・ラウンジ
  • 冒険を求めるお客様のための親密な隠れ家
  • ワイキキビーチへ簡単にアクセス
  • お得なプランをお求めのご家族連れやグループでご利用のお客様ための選択肢
  • 広々とした客室とスタジオ
  • コネクティング・ルームとキチネットを提供
  • キチネット付きの広々とした客室
  • 大人数のグループやご家族連れに最適
  • ワイキキ・ビーチやインターナショナル・マーケット・プレイスから歩いてわずか数分。
  • 施設内レストラン - 『アペティート・クラフト・ピザ&ワインバー』および『タナカ・オブ・トーキョー』
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港からわずか0.5マイルの立地
  • ペットも歓迎
  • 出張に便利 - パールハーバーからわずか数分の距離
  • ワイキキビーチに面した唯一のリゾートコンドミニアム
  • 壮大なオーシャンビューのパノラマ
  • ご家族に人気
  • 長期滞在に最適
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 親しみやすいブティックスタイルのコンドミニアムリゾート
  • ショッピング&ダイニングエリアの『ワイキキ・ビーチウォーク』内に位置
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • トロピカルなビーチフロントに広がる38 エーカーの敷地
  • 3エーカーのアクアティック・プレイグラウンド
  • AAA 4 ダイヤモンド賞認証
  • カアナパリ・ビーチの豪華な1、2、3ベッドルーム・スイート
  • 22000エーカーの敷地を持つカパルアリゾートに位置
  • 3つのビーチと11種類のレストランから選び放題
  • オーシャン&ゴルフのルームビュー
  • 2種類の壮大なゴルフコースを提供
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 世界的に有名なワイレア・リゾートのコミュニティ内に位置
  • 『ショップス・アット・ワイレア』やビーチまで車ですぐ
  • ワイレアで最も人気のレストランからすぐ
  • モロカイ島とラナイ島のオーシャンビュー
  • オーシャンフロントのプールが魅力
  • プライベートラナイ
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • カアナパリ・ビーチリゾートのゴルフ場に近接
  • ホエラーズ・ビレッジから徒歩すぐ
  • 3種類のスイミングプール
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • ラハイナの中心に位置するブティックスタイルのコンドミニアム
  • フロントストリートから2ブロック先
  • ショップやレストランが徒歩圏内
  • ラナイ島とモロカイ島の息を呑むような景観
  • 新しく改装されたコンドミニアム
  • 施設内のオーシャンフロント・レストラン、Gazebo (ガゼボ) レストラン
  • 2エーカーの敷地内を流れる温水の流れるプール
  • ウォータースライダーが人気
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • コテージ式のビーチフロントコンドミニアム
  • 『ポイプ・アスレチッククラブ』を無料で利用可能
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • オーシャンフロントのコンドミニアム
  • 自然石の防波堤の中にあるオーシャンプールを含みます
  • 『ココナッツ・マーケットプレイス』に隣接
ハワイ島にアウトリガーのリゾートが新登場。ケアウホウ湾を泳ぐ雄大なマンタに会えるリゾート。アクティブに遊んだ後は、スパでリラックス。ハワイ島でのバケーションをお楽しみください。
  • インフィニティ・プールと溶岩石を使ったジャグジーでゲストをおもてなし
  • ロバート・トレント・ジョーンズ Jr. 設計のゴルフコースに囲まれた立地
  • 施設内の各種レストラン
  • 5種類の施設からお選びいただけます
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 高級店の『キングス・ショップス』と『クイーンズ・マーケットプレイス』に近接
  • ビーチコースでのゴルフ
  • 18エーカーにおよぶ海辺の敷地に所在
  • 3つのスイミングプールと2つのテニスコートを併設
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 溶岩石の断崖絶壁に設置
  • コナ海岸のパノラマビュー
  • レストランやショップまで車で5分
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • ビーチフロント・ブレ
  • 無料のビーチサービス
  • カヴァの儀式でゲストを歓迎
  • ウッドカービングのゲストアクティビティ
  • メケの伝統的な歌と踊りを楽しむ
  • ビーチフロント・ブレ
  • メイメイ・ベビーシッターサービスの提供
  • タライのバトラーサービスも利用可能
  • ナンバー1のファミリーリゾート
  • 圧巻の火渡りの儀式
    • ラグジュアリーなビーチフロント・スイート
    • モーリシャスラムのテイスティング体験
    • セガの音楽に合わせて踊る
    • プライベートビーチでリラックス
    • 無料のキッズクラブ
    • ラマイビーチのビーチフロントに位置
    • プール2面
    • フィットネスセンター
    • レストランとルームサービス
    • 2つの会議室
    • バンサックビーチのビーチフロントに位置
    • プール
    • フィットネスセンター
    • レストランとルームサービス
    • 2つの会議室
    • スリンビーチに位置
    • ブティックリゾート
    • プール2面
    • レストランとルームサービス
    • モルディブのラグジュアリーリゾート
    • ビーチフロントのヴィラと水上のヴィラから選択
    • 代表的なレストラン「ムードゥ・グリル」をはじめとする数多くのダイニングオプション
    • PADIとSSIのダイビングセンターを完備
    • ワイキキビーチで有名
    • ダイヤモンドヘッドクレーターのハイキング
    • パールハーバーで歴史を振り返る
    • 伝説のサーファー、デューク・カハナモクの生誕地
    • 米国唯一の王宮、イオラニ宮殿の所在地
    • 「米国で最高の島」に選出
    • ハレアカラ火山の拠点
    • 冬場の数ヶ月はホエールウォッチングが人気
    • 有名な、豊かな景色に囲まれたハナへ続く道
    • カアナパリ・ビーチの1マイルにわたる砂浜
    • 愛称は「ガーデンアイランド」
    • 緑豊かな渓谷、滝、ハイキングコースで有名
    • ハワイ諸島の中で最も多いビーチの数
    • ハワイの島々の中でもハイキングコースが最多
    • 全米最大のコーヒー農園
    • 「ビッグ・アイランド」と呼ばれることも
    • 世界で最も活発で大火山であるキラウェア火山
    • 黒砂のビーチで知られる
    • マカデミアナッツの世界最大の生産地
    • 世界最大級の望遠鏡が所在
    • ビーチフロント・ブレ
    • 本物のカルチャー・エクスペリエンス
    • ご家族向けの宿泊施設
    • ビーチ&ウォーターアクティビティ
    • サムイ島、パンガー、スリンプーケットの宿泊施設
    • 香り高いスパイスと新鮮な食材を使ったエキゾチックな料理
    • 全国に40,000軒以上の寺院
    • 野生生物と自然のユニークな多様性
    • 2
      宿泊日を選択
    • 3
      部屋数と宿泊人数を選択
    大人の人数
    お子様の人数
    客室数
    特別料金を適用
    申し訳ありませんが、ご選択頂いた客室単価はご利用できません。
    選択した内容が適用されました
    先頭に戻る
    Portions of this page translated by Google.