誇り高きハワイアンミュージックの伝統

2020 年 11 月 10 日

ロックンロールからラップ、ハワイアン、ポップス、ジャズ、ジャワイアン(ハワイ版のレゲエ)まで、ハワイの音楽シーンは、当地の文化の多様性と同様にさまざまなジャンルのるつぼとなっています。しかし、昔から常にそうであったわけではありません。20世紀の初めにハワイの音楽が人気のジャンルとなったとき、ハワイ音楽はハパ・ハロエ(ハーフの音楽)として広く知られていました。

このようなハワイ音楽の進化の過程において、カラカウア王室は極めて重要な役割を果たしました。宮廷の行事では伝統的な音楽家が演奏しており、カラカウア王、リリウオカラニ女王、彼らの妹弟であるリケリケ王女、レレイオホク王子は、全員すぐれた作曲家でもありました。カラカウア王は現在の州歌、ハワイ・ポノイを作曲し、リリウオカラニ女王はハワイの神髄である「アロハ・オエ」を含む何百ものメロディーを作曲しました。いずれもハパ・ハオレ(ハワイ民謡)スタイルで作曲されています。

この新しい音楽ジャンルでは、多くの違いがありました。まず、インストゥルメンタルコンポーネントはまったく新しいもので、ドラムとガラガラは、ウクレレやスチールギターなど、19世紀半ばから後半に島に持ち込まれた楽器を適応に置き換えました。

シンガーもまた、ファルセットなどの独特の音色をレパートリーに加えるなど、独自の工夫を凝らしています。これらの新しい楽器や発声法は、多くのハワイアンが演奏している、ハパ・ハオレ・スタイルから派生したハイブリッドな奏法です。アル・ジョルソン(Al Jolson)やソフィー・タッカー(Sophie Tucker)などのスターの功績により、ハワイをテーマにした楽曲は全米でヒットしました。

その後まもなく、地元出身の作曲家やミュージシャンの多くが、ハワイアンミュージックをカニカピラ(裏庭での即席ジャムセッション)からステージへと持ち込み、地元の聴衆や島を訪れる観光客のために演奏するようになりました。「My Little Grass Shack」(ジョニー・ノーブル)、「Waikīkī」(アンディ・カミングス)、「Lovely Hula Hands」(R・アレックス・アンダーソン)、「The Hawaiian Wedding Song」(チャールズ・E・キング)などの名曲は、アロハの意味や恋愛、美しい瞬間や場所を表現しており、ウクレレ、スチール・ギター、ベース、ピアノから成る典型的なハワイアン・カルテットによる演奏で人気を博しました。

何十年とたつ間に、ハパ・ハオレ音楽は、バラードやラグタイムからフォックストロットや子守唄に至るまで、今日の音楽スタイルにマッチしていきました。シートミュージックの人気はビッグバンド時代につながり、ワイキキのモアナ・ホテルが毎週放送していたラジオ生放送「ハワイ・コールズ」でハワイ音楽が全国的広まりました。1930年代半ばから、司会者のウェブリー・エドワーズがアロハのやさしいサウンドをアメリカの家庭にも届けるようになり、全国的な人気を博すアルフレッド・アパカなどの歌手が登場しました。

さらに、観光業がきっかけとなりハワイ文化の復興に関心が集まりました。フラとハワイ音楽がその筆頭でした。ビル・リンカーン、ギャビー・パヒヌイ、ヒロ・ハッティ、イルムガルト・アルリ(マウイの音楽家ファーデン氏族)、ホウピイ・ブラザーズ、エマ・ベアリー、「アンティ」ことジェノア・ケアヴェなど、多くの歌手やミュージシャン、作曲家などが、この文化の復興に影響を与えました。エルビスもこの「波にのり」、ハパ・ハオレ音楽をさらに広めるミュージカル映画に主演しました。

その後1974年、ハパ・ハオレ音楽は、ハワイの過去と「水瓶座の時代」と呼ばれる1960年代から1970年代にかけてのヒッピーやニューエイジ運動の全盛期との関係に深く根ざした感情をあわらす、フォーク調になっていきました。ピーター・ムーンとサンデー・マノア、ジェリー・サントスとオロマナ、ビーマー・ブラザーズ、セシリオとカポノ、ブラザーズ・カジメロなどが、音楽の芸術性とハワイの精神に根ざした、魂を込めた演奏で地元の聴衆を魅了しました。そして、ドン・ホーの時代になります。

ハワイ音楽を代表する歌手といえば、1970年代、80年代、90年代に活躍したドン・ホーとその曲「タイニー・バブルズ」でしょう。遊び心のあるユーモアと年配の心は曲に羽ばたいた遊び心のあるユーモアたっぷりの歌い方とおもわせぶりなウィンクは年配の人たちの心を虜にしました。ホーの時代が終わってからも、ハワイ音楽の人気は続き、数十年にわたる黄金時代は依然として続いています。ヘンリー・カポノ、ケアリイ・ライチェル、ジェイク・シマブクロ、エイミー・ハナイアリイ、マカナ、ジャック・ジョンソン、「ブラザー・イズ」こと故イズラエル・カマカ・ヴィヴォオレなどの素晴らしい才能が、現代のハワイ音楽の魅力を広げ、国際的なものにし、長い年月をかけて培ってきたハワイ音楽の伝統を未来へと確実に継承しています。


登録して最新の情報にアクセス

ml?emailAddress = "scrolling =" no "style =" height:280 px; "frameborder ="0 ">
  • 1
    目的地を選択
変更
  • ハワイアンミュージックの殿堂、『カニ・カ・ピラ・グリル』
  • 改装されたモダンな客室
  • 没入型のカルチャーアクティビティ
  • ボエジャー 47 クラブ・ラウンジ
  • ハワイ初、唯一のクラフトホテル
  • ザ・ビーチコマー・オリジナルズの本拠地
  • 「ハワイアン・アロマ・カフェ」はワイキキで最もインスタ映えするカフェとしても有名。
  • 島内最大の長さを誇るマウイ・ブルーイング・カンパニーのバー
  • ビーチフロントのロケーション
  • デュークス・ワイキキのホーム
  • ハワイ最高のライブハウス、『ブルーノート・ハワイ』
  • ボエジャー 47 クラブ・ラウンジ
  • 冒険を求めるお客様のための親密な隠れ家
  • ワイキキビーチへ簡単にアクセス
  • お得なプランをお求めのご家族連れやグループでご利用のお客様ための選択肢
  • 広々とした客室とスタジオ
  • コネクティング・ルームとキチネットを提供
  • キチネット付きの広々とした客室
  • 大人数のグループやご家族連れに最適
  • ワイキキ・ビーチやインターナショナル・マーケット・プレイスから歩いてわずか数分。
  • 施設内レストラン - 『アペティート・クラフト・ピザ&ワインバー』および『タナカ・オブ・トーキョー』
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港からわずか0.5マイルの立地
  • ペットも歓迎
  • 出張に便利 - パールハーバーからわずか数分の距離
  • ワイキキビーチに面した唯一のリゾートコンドミニアム
  • 壮大なオーシャンビューのパノラマ
  • ご家族に人気
  • 長期滞在に最適
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 親しみやすいブティックスタイルのコンドミニアムリゾート
  • ショッピング&ダイニングエリアの『ワイキキ・ビーチウォーク』内に位置
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • トロピカルなビーチフロントに広がる38 エーカーの敷地
  • 3エーカーのアクアティック・プレイグラウンド
  • AAA 4 ダイヤモンド賞認証
  • カアナパリ・ビーチの豪華な1、2、3ベッドルーム・スイート
  • 22000エーカーの敷地を持つカパルアリゾートに位置
  • 3つのビーチと11種類のレストランから選び放題
  • オーシャン&ゴルフのルームビュー
  • 2種類の壮大なゴルフコースを提供
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 世界的に有名なワイレア・リゾートのコミュニティ内に位置
  • 『ショップス・アット・ワイレア』やビーチまで車ですぐ
  • ワイレアで最も人気のレストランからすぐ
  • モロカイ島とラナイ島のオーシャンビュー
  • オーシャンフロントのプールが魅力
  • プライベートラナイ
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • カアナパリ・ビーチリゾートのゴルフ場に近接
  • ホエラーズ・ビレッジから徒歩すぐ
  • 3種類のスイミングプール
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • ラハイナの中心に位置するブティックスタイルのコンドミニアム
  • フロントストリートから2ブロック先
  • ショップやレストランが徒歩圏内
  • ラナイ島とモロカイ島の息を呑むような景観
  • 新しく改装されたコンドミニアム
  • 施設内のオーシャンフロント・レストラン、Gazebo (ガゼボ) レストラン
  • 2エーカーの敷地内を流れる温水の流れるプール
  • ウォータースライダーが人気
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • コテージ式のビーチフロントコンドミニアム
  • 『ポイプ・アスレチッククラブ』を無料で利用可能
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • オーシャンフロントのコンドミニアム
  • 自然石の防波堤の中にあるオーシャンプールを含みます
  • 『ココナッツ・マーケットプレイス』に隣接
ハワイ島にアウトリガーのリゾートが新登場。ケアウホウ湾を泳ぐ雄大なマンタに会えるリゾート。アクティブに遊んだ後は、スパでリラックス。ハワイ島でのバケーションをお楽しみください。
  • インフィニティ・プールと溶岩石を使ったジャグジーでゲストをおもてなし
  • ロバート・トレント・ジョーンズ Jr. 設計のゴルフコースに囲まれた立地
  • 施設内の各種レストラン
  • 5種類の施設からお選びいただけます
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 高級店の『キングス・ショップス』と『クイーンズ・マーケットプレイス』に近接
  • ビーチコースでのゴルフ
  • 18エーカーにおよぶ海辺の敷地に所在
  • 3つのスイミングプールと2つのテニスコートを併設
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • 溶岩石の断崖絶壁に設置
  • コナ海岸のパノラマビュー
  • レストランやショップまで車で5分
  • コンドミニアムから特定の客室を選択可能
  • ビーチフロント・ブレ
  • 無料のビーチサービス
  • カヴァの儀式でゲストを歓迎
  • ウッドカービングのゲストアクティビティ
  • メケの伝統的な歌と踊りを楽しむ
  • ビーチフロント・ブレ
  • メイメイ・ベビーシッターサービスの提供
  • タライのバトラーサービスも利用可能
  • ナンバー1のファミリーリゾート
  • 圧巻の火渡りの儀式
    • ラグジュアリーなビーチフロント・スイート
    • モーリシャスラムのテイスティング体験
    • セガの音楽に合わせて踊る
    • プライベートビーチでリラックス
    • 無料のキッズクラブ
    • ラマイビーチのビーチフロントにあります
    • プール2面
    • フィットネスセンター
    • レストランと室内での食事
    • 2つの会議室
    • バンサックビーチのビーチフロントにあります
    • プール
    • フィットネスセンター
    • レストランと室内での食事
    • 2つの会議室
    • スリンビーチにあります
    • ブティックリゾート
    • プール2面
    • レストランと室内での食事
    • モルディブのラグジュアリーリゾート
    • ビーチフロントのヴィラと水上のヴィラから選択
    • 代表的なレストラン「ムードゥ・グリル」をはじめとする数多くのダイニングオプション
    • PADIとSSIのダイビングセンターを完備
    • ワイキキビーチで有名
    • ダイヤモンドヘッドクレーターのハイキング
    • パールハーバーで歴史を振り返る
    • 伝説のサーファー、デューク・カハナモクの生誕地
    • 米国唯一の王宮、イオラニ宮殿の所在地
    • 「米国で最高の島」に選出
    • ハレアカラ火山の拠点
    • 冬場の数ヶ月はホエールウォッチングが人気
    • 有名な、豊かな景色に囲まれたハナへ続く道
    • カアナパリ・ビーチの1マイルにわたる砂浜
    • 愛称は「ガーデンアイランド」
    • 緑豊かな渓谷、滝、ハイキングコースで有名
    • ハワイ諸島の中で最も多いビーチの数
    • ハワイの島々の中でもハイキングコースが最多
    • 全米最大のコーヒー農園
    • 「ビッグ・アイランド」と呼ばれることも
    • 世界で最も活発で大火山であるキラウェア火山
    • 黒砂のビーチで知られる
    • マカデミアナッツの世界最大の生産地
    • 世界最大級の望遠鏡が所在
    • ビーチフロント・ブレ
    • 本物のカルチャー・エクスペリエンス
    • ご家族向けの宿泊施設
    • ビーチ&ウォーターアクティビティ
    • サムイ島、パンガー、スリンプーケットの宿泊施設
    • 香り高いスパイスと新鮮な食材を使ったエキゾチックな料理
    • 全国に40,000軒以上の寺院
    • 野生生物と自然のユニークな多様性
    • 2
      宿泊日を選択
    • 3
      部屋数と宿泊人数を選択
    大人の人数
    お子様の人数
    客室数
    特別料金を適用
    申し訳ありませんが、ご選択頂いた客室単価はご利用できません。
    選択した内容が適用されました
    先頭に戻る
    Portions of this page translated by Google.