リゾートアクティビティ&アイランド探検

リゾートご滞在のお客様専用 <br>無料アクティビティ、ビーチサービス:

ガラス製船底ボートの旅
シュノーケリングの旅
セーリング
カヤック
パドルボート
ウィンドサーフィン
スタンドアップパドルボート
テニス
ビーチバレーボール
卓球
バチボール

オフサイトの有料アクティビティ

セーリングレッスン
カイトサーフィン
深海釣り
カタマラン探検
スピードボートツアー
イルカツアー
スキューバダイビング
自然公園での四輪自動車および自転車ツアー
18ホールのゴルフ
電動自転車

モーリシャス探検

最初にモーリシャスが創られ、次にモーリシャスを真似て天国が創られた。~ マーク・トウェイン 1896年

モーリシャスはその戦略的な地理的な位置から歴史を通じてインド洋のカギと考えられてきました。 もともと火山だったこの島は、肥沃な土地と豊富な真水に恵まれ、豊かな熱帯の植物や木々が自生しました。そして、モーリシャスでは、有名な絶滅種ドードが生息しました。 モーリシャスはスパイス諸島へ航海する人々にとって絶好の経由地でした。

ポルトガル人の船乗りディエゴ・ディアスによるモーリシャス諸島の最古の記録によるとレユニオン島とロドリゲス島の歴史は1500年にまでさかのぼります。この群島はかつて、ポルトガルの船乗り、ペドロ・マスカリーニャスにちなんでレ・マスカレーニュと名付けられていました。

オランダが1598年にこの島を再発見し、その王モーリス・ド・ナッソーに敬意を表してモーリシャスと名付けました。島はオランダ、イギリス、フランスの船が定期的に停泊する経由地になりました。最初のオランダからの入植は、オランダ東インド会社(VOC)によって1638年に始められ1658年まで続きました。第二次の入植は1664年から1710年でした。オランダがジャワから導入したサトウキビは、現在に至るまで島の主要農産品となっています。モーリシャスは1715年にフランスが占領しイル ド フランスと改名するまで、東洋と貿易をする国々の船の停泊地としてその地位を維持しました。フランスは1721年から島を植民地化し、1810年にイギリスが支配権を握り、モーリシャス島と改名するまで、重要な軍港および商港として使用しました。1968年に独立が認められたモーリシャスは、1992年に共和国になりました。

今日、モーリシャスは、インド、アフリカ、マダガスカル、ヨーロッパ、アジアをルーツとする住民それぞれの伝統行事を取り入れた多様性に満ちた文化を持っています。 教会、仏塔、モスク、寺院が並んで立つ姿を目にすることは珍しくありません。 モーリシャスは地元の人々がフランス語と英語の両方を話す稀な国です。 2,000㎢の国土に、モーリシャスのカラフルな歴史が今も平和に共存し続けています。

モーリシャスは活気あるホスピタリティにあふれた文化を持ち、長年、世界で最も高級なビーチ アイランド リゾートの一つに数えられています。 卓越したサービスと素晴らしい客室で知られてる アウトリガー・モーリシャス・ビーチ・リゾートでぜひ素晴らしいご滞在をお楽しみください。

アウトリガー・モーリシャス・ビーチ・リゾートで非日常の世界へ。

リゾートの詳細 | 客室とアメニティ | お食事とお飲み物 | 特別料金とキャンペーン | ミーティング&イベント

 


先頭に戻る
Portions of this page translated by Google.